日本一のFX魂~あなただけの手法をコンサルします~

共に勝っていく集団を創る今を生きるブログです。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎の巻menu

1・はじめに  
2・基礎~市場が動く理由
3・性格チェックテスト
4・性格テスト結果「A」性格型の人
5・性格テスト結果「B」性格型の人
6・性格テスト結果「C」性格型の人
7・相場は夜作られる


日本の標準時間に比べて、イギリスは9時間、

アメリカは14時間の時差があります。

日付が変わって一日が始まると、この中では日本がいちばん先に朝を迎え、

東京市場がオープンします。

夕方になり東京市場が終了すると、ヨーロッパの人々が朝を迎えます。

ヨーロッパの人たちが働く時間は、

我々日本人の夕方から寝床に入るまでの時間帯にあたります。

この時間帯をヨーロッパの金融・経済の中心地であるロンドンの名前を取って

「ロンドン市場」と呼びます。

同じく、金融の中心地である東部のアメリカ人が中心になる時間を

「ニューヨーク市場」と呼びます。

「ロンドン時間」というのは日本とアメリカという巨大市場のちょうど中間に位置していて、

とても重要な役割を果たしていることが想像できますよね。

また、ロンドン時間の午後はニューヨーク時間の午前と重なっていて、

アメリカ国内の重要な発表が午前中になされることが多いことを考えれば、

世界を見るのに、いかにロンドン時間が大切かがわかってもらえると思います。

 極端な言いかたをすると、東京時間というのは地球規模で眺めたら、

世界の、端っこの時間帯にすぎないということ。

また、ニューヨーク時間の午後も同じ意味で端っこであると言えます。

実際にマーケットがいちばん活発に動くのは、

このロンドン時間です。


取引される量もたいへん多くて、

世界で起こる金融マーケットに影響をあたえるような出来事のほとんどは、

この時間帯に集中しているといっても過言ではないですから。

ロンドン時間を見ていれば、世界を語れますね

 さらに良いことに、日本に住む人にとっては、自宅に帰った後、

落ち着いて過ごす夜の時間。

この時間帯がマーケットとして、いちばん面白いということになります。

それ以外の時間帯での取引は、概して敗戦処理でしかないことが多い。

ほとんどの値動きがロンドン時間で決定され、東京時間などでは動かないか、

むしろ反対方向に動いたりすることがあるから要注意です。。。



1・はじめに  
2・基礎~市場が動く理由
3・性格チェックテスト
4・性格テスト結果「A」性格型の人
5・性格テスト結果「B」性格型の人
6・性格テスト結果「C」性格型の人
7・相場は夜作られる


虎の巻menu

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kaiun126.blog41.fc2.com/tb.php/408-335727c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

リベルタマン

Author:リベルタマン
はじめまして、専業トレーダーのリベルタといいます。
ツイート始めました。
リアルタイムトレード等発信していきます。
libertamanです。

ご質問等は下のメールフォームからお願いします。

最近見つけましたが、ココのアイフォンアプリがかなり使いやすいです。 アイフォンでトレードすることが多い人オススメです。 テクニカルも重ねて表示しやすく、スプレッドも固定で狭い。 今メインをここにするか検討中です。 GMOクリック証券

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

魔法の言葉

Calendar

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
twitter

カテゴリ

最新ランキング情報&相互リンクサイト
RSSリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 相互リンクとランキングプラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。